STYLISTE-STYLIST-HERO-Hitoshi-Onoda-小野田史 STYLISTE-STYLIST-HERO-Hitoshi-Onoda-小野田史
<戻る

小野田 史  

Hitoshi Onoda


ブランディングスタイリスト®︎​ / FASHION PARTNER Inc.


ファッション誌、テレビCM、芸能人のスタイリングなど、年間500超のコーディネートを手がける。ストリートからスーツまで網羅するメンズのスペシャリスト。

STYLISTE-STYLIST-PORTRAIT-Hitoshi-Onoda-小野田史

ファッション誌、テレビCM、芸能人のスタイリングなど、年間500超のコーディネートを手がける。ストリートからスーツまで網羅するメンズのスペシャリスト。

提供サービス

ショッピングアテンド 10,000円/1時間

ワードローブエディット 10,000円/1時間

カテゴリ

メンズ

ジャンル

普段着から、メンズのコーディネートのすべてをお任せください。

活動拠点

東京

対応エリア

日本全国

最寄駅

表参道

使用言語

日本語(母語)・英語(日常会話レベル)

レビュー

“こちらの仕事内容や予算も考えてスタイルを提案していただき、毎朝の服選びの負担が大幅に軽減されました"

40代男性 / 大学教員

“コーディネートはもちろん、洋服の知識や収納方法までわかり感動しました。次回のショッピング同行が楽しみです"

20代男性 / パーソナルトレーナー

“メソッドがしっかりしていて、何を尋ねても丁寧に説明して頂いたので、ひとつひとつ納得できて満足度が高かった"

30代男性 / 会社経営者

STYLISTE-STYLIST-WORKS-Hitoshi-Onoda-小野田史-1-朝比奈秀樹
STYLISTE-STYLIST-WORKS-Hitoshi-Onoda-小野田史-2-トゥモローランド-上田大輔
STYLISTE-STYLIST-WORKS-Hitoshi-Onoda-小野田史-4-GU-高良健吾
STYLISTE-STYLIST-WORKS-Hitoshi-Onoda-小野田史-5-岩崎拓馬

メッセージ

メンズのコーディネートで重要なのは、たった3つです。
1.ルール
2.カット
3.スイッチ

「ルール」は、文字通り、自分の身につけるものを自主的に規制すること。ファッションという概念自体が曖昧だからこそ、自分のルールを作ります。
「カット」は、削れるアイテム、いらない色を徹底的に検証すること。ワードローブもコーディネートも、重要なのは、足し算ではなく引き算です。
「スイッチ」は、時代感と実用性を捉えてアイテムを「転換」してみること。慣習や固定観念にしばられず、柔軟な発想で最適なアイテムを選択します。

この3つをマスターすれば十分です。こだわりも知識も、インスタもメルマガも、いりません。勉強のように難しく考える必要もありません。ソックス一足を買いたす時、毎朝のビジネススタイルを考える時、このロジックさえわかっていれば、「最適な個性」を簡単に導き出すことができます。

そんなロジックをおひとりおひとりに最適な形でご提案し、個人の価値を最大限に高めるのが、ブランディングスタイリスト®である私の使命です。

キャリア・経歴

事務局欄

特記事項