小野田史 小野田史
<戻る

小野田 史  

Hitoshi Onoda


ブランディングスタイリスト®︎​ / FASHION PARTNER Inc.


ファッション誌、TVCM、芸能人のスタイリングなど、年間500超のコーディネートを手がける。ストリートからスーツまで網羅するメンズスタイリングのスペシャリスト。

小野田史

ファッション誌、TVCM、芸能人のスタイリングなど、年間500超のコーディネートを手がける。ストリートからスーツまで網羅するメンズスタイリングのスペシャリスト。

提供サービス

ショッピングアテンド 10,000円/1時間

ワードローブエディット 10,000円/1時間

カテゴリ

メンズ

ジャンル

普段着から、メンズのコーディネートのすべてをお任せください。

活動拠点

東京

対応エリア

日本全国

最寄駅

表参道

使用言語

日本語(母語)・英語(日常会話レベル)

レビュー

“こちらの仕事内容や予算も考えてスタイルを提案していただき、毎朝の服選びの負担が大幅に軽減されました"

40代男性 / 大学教員

“コーディネートはもちろん、洋服の知識や収納方法までわかり感動しました。次回のショッピング同行が楽しみです"

20代男性 / パーソナルトレーナー

“メソッドがしっかりしていて、何を尋ねても丁寧に説明して頂いたので、ひとつひとつ納得できて満足度が高かった"

30代男性 / 会社経営者

小野田史の仕事 (1)
小野田史の仕事 (2)
小野田史の仕事 (4)
小野田史の仕事 (5)

メッセージ

メンズのコーディネートで必要なのは、たった1つ。

簡単なロジックがあれば十分です。
こだわりも、知識も、いりません。
インスタも、メルマガも、いりません。
バリエーションの買い増しも、勉強のように難しく考えることも必要ありません。

ソックス一足、買い足す時。
毎朝のビジネススタイルを考える時。
そのロジックがわかれば、「最適な個性」を簡単に導き出すことができます。

ブランディングスタイリスト®としての使命は、ファッションやコーディネートを通じて、社会のおひとりおひとりの価値を最大限に高めることです。
個人の人に必要なブランディングとは、自分ではなく、人のためにファッションを意識することから始めることです。
「自分にとって心地よい服装が、相手にとっても心地よい印象を与える服装なのか」。
「他者のことを想像することで見えてくる、自分にとっての最適なファッションとは」。
自分の視点を少し他者目線に置き換える。
たったそれだけで、コーディネートは確実に良い方向へとシフトチェンジします。

キャリア・経歴

事務局欄

特記事項